心の戦士!~心が前向きになる言葉~

どんなときでも心を晴れやかに!→ 心の戦士いざ参上!

お金

「FIRE」について                                                                                                                                              「FIRE」について                                                    

最近は書店に行っても、本を要約(解説)する動画でも、あいかわらず「FIRE」の人気が途絶えていないように感じます。「FIRE」にも4種類?あるとかで、先日はある動画でそのうちの一つ、「サイドFIRE」について語られていました。 「FIRE」とは、簡単に言え…

「お金持ち本」の唯一の活用法

俗に言う「お金持ち本」をあなたは読んだことがありますか?一番有名なところでは「金持ち父さん・貧乏父さん」シリーズだと思います。書店に行けば所狭しと多数のそれらしき本が置いてあります。しかしそれらのどの本を読んでも、おそらくお金持ちにはなれ…

「スマホ決済」はお得⁉

あなたはふだん買い物をするとき、スマホ決済でしょうか?それともクレジットカード(以下クレカ)でしょうか?はたまた現金派でしょうか? 私はスマホ決済でPayPayを利用しています。楽天経済圏で生活している人はもちろん楽天ペイでしょう。楽天ペイは楽天…

ビットコインと法定通貨

2ヵ月前にある国がビットコインを法定通貨にしたというニュースがありました。あなたもご存じかもしれません。はて、ビットコインは法定通貨となり得るのでしょうか? 法定通貨とは日本でいえば中央銀行にあたる日本銀行(以降日銀)が、自国の通貨を発行で…

Tポイントで公共料金支払い

私は先日、最寄りの駅の駐輪場の使用料に「Yahoo!公金支払い」を使って支払いました。以前から「Yahoo!公金支払い」というサービス名は知っていましたが、利用したのは先日が初めてです。 駐輪場の使用料の正式名称は「自転車等駐車場使用料」です。市町村に…

"タダ"に全力「予防と節約」

「"タダ"ほど高いものはない」 そのようによく言われます。通常は浪費や詐欺につながるケースなど、悪い意味で使われることが多いと思いますが、本日はいい意味で用います。 まずは「健康」について。 健康に高額な食品やサプリメントは必要でしょうか? も…

「相続税」賛否の考察

私は前回の記事「お金は預かり証」で、私有財産という言葉を用いました。一般的にお金は個人のもので、その使い方は当人の自由という、ごくごく当たり前の話です。その私有財産を子々孫々にまで時間軸を延ばして考えることはいかがでしょうか? すなわち相続…

「楽天モバイル」の攻勢

私は2020年夏に、携帯電話のキャリアをソフトバンクから楽天モバイルに切り替えました。理由は単純にランニングコストを抑えるためです。それから数カ月がたちますが、唯一想定外だったことが、Android端末の使い勝手です。 私はiPhoneを10年近く使っていた…

「お金持ち」はデフレが好き⁉

2003年2月に発売された"ある本"により、一躍有名になった方がいらっしゃいます。 森永卓郎著「年収300万円時代を生き抜く経済学 」 当時は経済アナリストとしてお茶の間で小泉政権や郵政民営化を批判されてましたが、現在は経済アナリストに加え、獨協大学経…

MMT(現代貨幣理論)2

前回のつづきです。 前回はMMTの根幹を成す考えを指し示しました。「政府こそがお金の供給者である」という一文です。この一文はもう少しかみ砕くと、「政府が国債を発行(借金を)し、お金を市場に供給し、国民がそのお金を使用して初めてお金は市場に出現…

MMT(現代貨幣理論)1

2021年1月15日現在は、一都三県のみならず、大阪、兵庫、京都、愛知、岐阜、福岡、栃木の計7府県を追加に緊急事態宣言が出されているコロナ禍の真っただ中にあります。 そのような中、どうしたら抜本的な経済回復、そして経済成長へと舵を切れるでしょうか…

「天引き投資」のススメ

あなたはこんな話を聞いたことはありませんか? "「お金持ち」は金の卵を産む鶏(にわとり)を飼っている" 俗に"お金持ち本"と言われる啓発書によく書いてあることです。ここでいう「金の卵」は利子所得や配当所得、不動産所得や事業所得のことで、「鶏」は…

「お金」岩崎彌太郎の至言

「岩崎彌太郎」と言えば、誰もがご存じ、明治時代の実業家です。1834年に土佐(高知県)で生まれ、郵便汽船三菱会社の社長となり、大三菱の基礎を作った人物です。 そんな岩崎彌太郎氏の数々の名言の中に、お金にまつわる至言があります。それが次です。 「…

「お金」ロックフェラーの至言

あなたは「ジョン・D・ロックフェラー」という名前をご存じでしょうか? そうです、あの「石油王」と呼ばれた人物のことです。ロックフェラー財団やロックフェラー大学などの名称の方がピンとくるかもしれません。 もう少し彼を紹介します。 ジョン・D・ロッ…

お金は使わず"転がす"もの

2018年2月に発売された本に次があります。 ますだたくお著「情熱をお金に変える法」 その中の一項に『お金と時間は「使う」のではなく「転がす」』があります。要約すれば「成功者はお金を消費させず、使って、なお増えるようにする」というもの。 例えばよ…

「1円」の重みと金儲け

日本マクドナルドを創業した藤田田さんは、1円の重みを知らずして、お金儲けなどできるわけがないと言われます。 近年はキャッシュレス社会が旺盛で、クレジットカードは当たり前、スマートフォンからのキャッシュレス決済がシェアを伸ばしています。手間が…

不動産と金融商品の利回り差

最近はNISAやiDeCoなどの国策もあり、金融商品での積み立てが身近になってきました。実物資産である不動産投資はどうでしょうか? 実は不動産投資を始める人もこのコロナ禍で増えてきたそうです。その理由は "金融商品の積み立てがうまく言っていないことが…

日本に投資教育がない理由

先日 私は次の本を読みました。 horishin著「サラリーマンはラクをしろ!不動産投資術」 タイトル通り、不動産投資にまつわる内容が大半ですが、時折 精神論や自己啓発の内容も交ります。その中に「国の施策」について書かれた項があり、本日はその「国の施…

「収支の黒字化」のすすめ

2014年にNISA、2017年にiDeCo(個人型確定拠出年金)、2018年にはつみたてNISAが始まり、投資に興味を持つ人がかなり増えた印象を受けます。もちろん金融庁や厚労省としてはそのような狙いがあって非課税制度や所得控除制度を設けたわけですが、投資に興味を…

仕事での収入アップ > 投資

2020年7月現在、日本の株価は好調に推移しています。コロナショックとその後で一時はどうなるかと心配されましたが、日銀のETF買いが奏功し、株価は下落せずに済んでいます。 その金融投資(個別株・投資信託・ETF・債権等)ですが、年利1%~2%を取れれば…

「安易な借金」はダメ!

最近は村上世彰さん著「いま君に伝えたいお金の話」からお届けしていますが、それも本日がラストです。 テーマは「安易な借金はするな!」 村上さんは「お金」に関して、特に学生や若い世代にそう言われます。村上さんはずっとこの教えを守ってこられ、「借…

「損切り」と人生

前回紹介した村上世彰さん著「いま君に伝えたいお金の話」に損切りについて触れられる箇所があります。今回はその「損切り」について考察します。 株式投資において損切りは付いて回ります。著名な投資家の大半が "いかに潔くスピーディーに損切りできるかが…

「お金は寂しがりやなんだ」

「お金の特徴」とは? そう聞かれて、パッと1つや2つ、すぐに答えられる人は少ないと思います。いつもお金のことを考え、お金とともに生きる人でないと、自信をもって答えられないでしょう。 先日私は遅ればせながら村上世彰さん著「いま君に伝えたいお金の…

「待つ」ことの意義

前回の記事「自分の生活環境に落とす」で、著名な投資家・ジム・ロジャース氏のあるお言葉を紹介しました。 『「待つことができる」のは重要な才能の一つ』 つきましては、本日は改めて「待つ」ことを考察します。 まず結論から。私の結論はこうです。 「待…

「お金持ち」の定義

前回の記事「兵糧主義とは?2」では、FPの深田晶恵さんの著書「30代で知っておきたいお金の習慣」から兵糧意識の理解を深めました。 今回は同書「30代で知っておきたいお金の習慣」に深田さんの考える「お金持ち」の定義が載っていますので、そちらを紹介し…

「兵糧意識」とは? 2

前回の記事「兵糧意識とは?1」の続きです。 前回は漫画家の弘兼憲史さんの著書を通じて、「兵糧意識」という言葉を知ったという話をしました。しかし私が「兵糧意識」の大切さを知ったのはそれだけではありません。その後にファイナンシャル・プランナーの…

「兵糧意識」とは? 1

私が「兵糧意識」という言葉に出会ったのは20代の中ごろだったと思います。弘兼憲史さん(漫画家)の著書「強い自分は自分でつくる」という本を読んだときです。その中に「蓄えを軽んじるな」という項があり、そこに「兵糧意識」という言葉が出てきました。 …

お金の価値と人生の本質

先日に「お金の価値を心理面から考えることの重要性」という記事を読みました。 自己啓発書やお金や投資にまつわる本に、よくこんなことが書いてあります。 「お金を支払って得たいモノは、モノやサービスそのものではない。それらを通して得たい感情、得ら…

「アセットアロケーション」

今回のコロナショックで投資家たちの「アセットアロケーション」の見方が変わったとされる記事を見かけます。 どういうことか? まずアセットアロケーションですが、日本語で「資産配分」と訳します。投資資金を複数の異なった資産(アセット)に配分(アロ…

「リッチ」な場所

私は少し前に「余計なことをしない戦略」という記事を書きました。内容はいかがでしたでしょうか? よくお金持ちは「資産価値の高いモノ」にお金を払うと言います。例えばロレックスとか、金(ゴールド)とか、アンティークコインとか。投資の一つとも言える…