心の戦士!~心が前向きになる言葉~

どんなときでも心を晴れやかに!→ 心の戦士いざ参上!

投資は「安心感」が大事

金融投資も実物投資も、一か八かの賭けに出ては、心は休まりません。トレードっぽいことをしている会社員が、仕事中もチャートが気になって仕方がないという話はよく聞きます。私も暗号資産(仮想通貨)が値下がりしたときは、ナンピン買いをしようか売ろうかを仕事中にずっと考えていました。考えても仕方がないのに考えてしまうのです。

 

専業のトレーダーもしかりですが、そこまで神経を使って稼がなければいけない理由は何でしょうか。私はどれだけ稼ぐかよりも、稼ぎ方のほうが長期的に、たいへん重要な意味を持つと思います。安定をしていれば、ゆっくり長く歩けます。しかし不安定なら途中でつまずくことも、転倒することもあります。転倒してから歩きはじめるには労力がかかり、そもそも転んだり走ったりでは、周りの景色が楽しめません。

 

周りの景色とは、仕事に打ち込みキャリアアップを図ることや、趣味や遊びを楽しむこと、家族との憩いの時間を過ごすことをさします。そういったことがメインにあって、サブで投資がくるはず。私にとってその逆はありません。

 

私は今年の春に、3戸目のワンルームマンションを2000万強で購入しました。3戸目にして初めての経験がそこにはあり、それがキャッシュフローが出なかったことです。1戸目や2戸目は、それなりに頭金を入れたために毎月1万円前後の黒字は確保され、それを毎年の固定資産税や各種の費用に充てています。

 

ここでワンルームマンション投資をご存じない方のために、簡単な紹介です。ワンルームマンション投資は、正直ぜんぜん儲かりません。毎月キャッシュが黒字といっても、どれだけ頭金や繰上返済をするかで変わりますが、頭金を入れず、フルローンで購入した場合、黒字が出たとしても数千円です。それを懐に入れては、毎年の固定資産税も別腹で払わなければならなくなり、ゆえにふつうはそのまま積み立てます。

 

今回の3戸目は、毎月のキャッシュが0円~1000円ほどで、固定資産税(約5万円)の支払いには遠く及びません。別途捻出しなければならないことに、割に合わない感をもちましたが、結局購入を決めました。それは東京都中央区にある、人形町駅から徒歩1,2分の好立地だったからです。

 

確かに毎月の黒字は出ていません。しかしその分空室リスクの心配はなく、今度は家賃を上げられる可能性を考えました。せめて5千円くらいの黒字を出したいなら、家賃を上げればいいだけ、3戸目の物件はその可能性を秘めていると判断しました。

 

実際に、私の一戸目のワンルームの話です。来月(10月)から、4千円の家賃の引き上げに成功しました。その物件は頭金を150万円ほど入れたため、毎月の黒字は現在8700円ほどで、さらに4千円が上乗せされるため、10月から1万2千円になります。このように私は駅近の盤石な立地をおさえることで、まずは空室リスクの安心を図り、それでいて今回のようにチャンスがあらば、すぐさま家賃の引き上げをチャレンジします。

 

結果、家賃が上げられなくてもそれはそれでいいのです。空室でなければ、入居者が着々と返済をしてくれるため、私の借入は毎月その分減り、30年後かには返済が終わります。30年は長いかもしれませんが、「長生きのリスク」という言葉があるように、手を打たないよりは打った方が、きっと後悔しない未来を享受できます。

 

金融投資にも触れておきます。私は投資信託で「毎日投資」をしていますが、チャートはランダムウォーカーです。円安になったりならなかったり、何かのあおりを受けたり受けなかったりで、まったく先が読めません。だから時間分散をし、毎日 数百円ですが、確実に毎日の基準価額をキャッチします。高かろうが安かろうが、確実にキャッチし、平均購入単価を自然と安くすることで、値上がり益を可能とします。そこに私は安心感しかありません。長期的には、タイミングを狙ってスポット購入するよりは、リスクが軽減できると思います。

 

ワンルーム投資も投資信託も、時間が解決してくれると思えることが、心の安心をつくります。投資においてこれに勝る喜びはありません。そのような喜びのもと、ときにチャートが底付近と思ったときは、スポット購入も大いにありです。心に余裕があるからこそのチャレンジです。

 

投資は「安心感」が大事

 

あなたはいかがお感じになりますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

順境も逆境も「試練」

逆境は試練であると、あらゆる先達方が言われます。しかし順境すらも試練とは、あまり聞いたことがありません。しかしそれを言い放つ方がおられます。先日お亡くなりになった京セラ創業者・稲盛和夫氏です。

 

稲盛さんは順境や成功も試練と言います。なぜならいっときの成功で逆境を招くばかりか、転落する人を何人も見てきたからとのこと。有頂天にのぼり、周りに上から目線、不遜な態度を取れば、それはそうなってもおかしくありません。少し前の人気俳優のスキャンダルがそれのようですが、うまくいくと本当に人は天狗になります。抑えようとしても、日頃から修養している人でなければ実際のところは難しいのでしょう。

 

先日の「お金持ちの共通点」では、「お金は所詮、道楽(職業・仕事)のカス」という話をしましたが、お金や成功は後追いのカスであり、先には目指すべく社会理念(笑顔があふれる世界)がある、そういう状態が、天狗や有頂天を回避する考え方のように思います。

 

稲盛さんも京セラが上場を果たすときなど、天狗になりかけたときがあったそうです。具体的にはもっと報酬をもらっていいのでは?という欲がわいたときです。それでも「みんなのおかげ」と感謝に意識を振り替えたため、よりいっそうみんなのために・社会のためにと気を持ち直せました。この意識(気持ち)の切り替えこそ、修養です。修養はどれだけ成功が、「おかげ」であるかを認識するまでの修行と言えます。

 

人間の器や人間の出来・不出来は、ビジネスやスポーツ、何かで秀でただけではわかりません。逆に逆境を乗り越えただけでもわかりません。逆境でも試され、順境でも試されるという、まさに毎日が試練(修行)のようです。

 

私は健康に関心がある者ですが、いま病気を患っていないからといって調子に乗れば、何年後かに高確率で病気になります。ということは、病気になっていない(順境の)ときに、予防に努められる人が修養が備わった人と言え、逆に、病気になっても「いやいやこれからが本番だ!必ず治してみせる!」と治療に励める人もまた、修養が備わった人と言えます。

 

順境でも逆境でも試される。これは非常に深い言葉です。結局毎日が試練で修行。ただし行き過ぎはよくありません。本当に修行僧みたいに禁欲や遊びを禁じ、心から楽しむことを控えることは、逆に何のための修養かわかりません。

 

毎日楽しく笑い合う。そこに感謝と利他の精神が生まれ、それを忘れず繰り返したいがために「修養」がある。私はそんな考えをもちます。人を近寄らせないような堅物は、本来の目的がない人が陥る落とし穴で、本来の目的は人と人とが分かち合う、笑い合える世界を育むこと。そのために有頂天や天狗は戒め、逆境にめげない精神が大切に思います。

 

順境も逆境も「試練」

 

あなたはいかがお感じになりますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

「信じる」力をくれる言葉

自己啓発の世界では、信念や信じる気持ち、確信が大事という話はあちらこちらで出てきます。しかしそのようなことを何度言われても、あまり心に突き刺さらないというのが実情です。そんなとき、同じ内容でも言い方を変えてみれば、"なるほど!"と少しは思えることもあります。それが本日の「信じる」力をくれる言葉です。

 

「一念、岩をも通す」

 

とても有名な言葉です。しかしあまりピンときません。あまりにも使い古され、真意もわからないからです。実は真意は次です。

 

「虎と見て岩をも通す桑の弓」

 

中国の故事が出典です。弓の得意な武将が、自分の方に虎らしき動物が襲ってくると思い、自分の身を守るため、一心ですぐさま一発で仕留めようと弓を引きました。しかし残念ながら虎らしき動物には命中せず、代わりに岩に命中しました。岩を見てみると、なんときれいに弓が突き刺さっています。さすがの武将も不思議に驚き、再度岩を目がけて弓を引きます。しかし何度やっても先ほどのように突き刺さりませんでした。

 

ざっとこんな話です。同じ弓を引くのでも、どんな思い(信念)でかで、結果が変わってくるということ。誰かに話しかけるときも、プレゼンをするときも、新しいことをするときも、すべてに通ずる話です。下手な自己啓発より、ずっとパワーが宿る言葉に思いますがいかがでしょうか。

 

「虎と見て岩をも通す桑の弓」

 

「できると思えばできる」

「一点に集中すればできる」

そう、自然と思わせてくれる言葉です。ぜひ念仏のように唱えて毎日に活かせてもらえたらと思います。

 

「虎と見て岩をも通す桑の弓」

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

「お金持ち」の共通点

さまざまなニュースアプリやネット記事が溢れる現代におき、「お金持ち」に興味のある人は、表題のようなタイトルをよく目にされていると思います。

 

しかし私が今から申し上げる結論を唱える人は、非常に少ないと思います。それが「職業の道楽化」です。

 

この言葉は日比谷公園の造園に携わったことで有名な林学博士・本多静六氏として有名です。ご存じの方もいらっしゃると思います。そうです、仕事が楽しくて仕方がないほどに、努力をすれば、やがてそれが道楽化し、趣味や遊びと同等に扱える代物になるというもの。サラリーマンや会社勤めの方には、何をきれいごとを・・と言われそうですが、会社勤めの人でも本業ではなく副業でそれは代替できます。しかもお金の発生有無は関係ありません、たとえ副業が無収入でも、時間が副業に割かれるため、消費行動の時間が自然と抑制されます。

 

暇こそが消費や浪費を行わせると考える私は、常に生産的な活動に時間を割くことが「お金持ち」に向かう最善な策と考えます。趣味や遊びに没頭するのではいけないのか?と思われるかもしれませんが、「お金持ち」というタイトルゆえ、できたらお金を本業にプラスして発生させられたほうがよいです。消費や浪費を防ぐだけなら、道楽の対象は仕事でなくてもいいでしょう。

 

ではここで「お金持ち」の定義をはっきりさせておきます。それは1年で年収の10%以上を貯金(投資額)として継続できる人です。残高の多寡ではありません。フローで毎年10%以上を貯金できるかどうかです。

 

10%以上ということは20%でも50%でもいいのです。その人の家族構成や状況によって貯金が可能になる額は変わってきます。自分のできる範囲で、目指す額を達成させられるかどうかということで、それには本業で年収アップを図るも良し、副業も良しで、時間を割く対象を仕事にもってくることが達成の可能性を大いに高めます。私は副業のアルバイトで1日数千円をもらい、それを7年以上も継続しています。たかだか小銭ですが、ストレスなく運動も兼ねられるので、私にとって1日数千円以上の価値はあると思っています。

 

よくお金は使うためにあると言われますが、使う以上に割きたい時間があるなら、お金は勝手に貯まります。上掲の本多静六氏も渋沢栄一氏も、お金は道楽のカスと言い切ります。つまり仕事や職業こそ道楽のため、道楽の後に発生するカスは副産物に過ぎないと。「副産物を求めるなかれ、主産物を求めよ」ということです。

 

仕事を大好きな時間にするには、本当に努力をして仕事以上の実力を自分に付けなければ難しいかもしれません。しかし目指す価値は十分にあります。もちろん転職を視野に入れ、スキルアップに努めるのもいいでしょう。ある医師は人生100年時代に対し、仕事をどれだけ現役でやれるかが健康のバロメーターと言われます。それゆえ、自分の健康を長寿化させるためにも、今のうちから仕込んでおくこと、またはその姿勢を育むことはけっして無駄にならないと私は思います。

 

「お金持ち」の共通点

A. 職業(仕事)の道楽化

 

あなたはいかがお感じになりますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

雑多な情報に「納得感」

私は緩い健康オタクです。緩いと称したのはベジタリアンヴィーガン糖質制限などを常としているわけではないからです。ではどういった生活をしているか?

 

それは一日一食か二食の生活で、夜ご飯までは基本、高カカオチョコやナッツ、果物以外は糖質を摂りません。夜ご飯は、私は一人暮らしのため、スーパーのお惣菜で済ませ、デザートにパン屋で買った菓子パンを食べます。スーパーのお惣菜は、お弁当のようなものではなく、和食を中心とした三種類~五種類ほどをチョイスします。もちろん自炊をするときはしますし、主食はオートミールが多いです。

 

さて本日は「雑多な情報に納得感」です。

 

いっけん意味がわかりませんが、わかりやすい例に食生活をあげます。数年前からスーパーフードという名称で、ドラゴンフルーツやアサイーベリー、チアシードなど何十種類と話題にあがりましたが、それらを信じ摂取するも良いですし、我関せずとラーメンや焼き肉を繰り返すのも良いと思います。

 

スーパーフードを摂取したところで、健康長寿に寄与するかは本当のところわかりません。健康といっても心の健康もあるからで、苦手なものや美味しくないものを我慢して食べるのもいかがなものかと思います。

 

運動も同様です。ランニングは体に悪いという情報がある一方、数十分のランニングは健康寿命に貢献するというデータもあります。大事なことは体にいいとわかっても、それを摂取しない選択や、逆に体に悪いとわかっても摂取する選択もあってもいいのではということです。なぜなら自分だけの人生だからで、本当のところは誰にもわからないからです。

 

よくエビデンスといいますが、タバコで肺がんになる人は100%ではありません。あくまで傾向どまりで、全体を網羅するエビデンスはこの世に存在しません。最近トマトも生で食べると、炎症を起こす危険性があるという情報を耳にし、それを防ぐために皮をむいて熱するといいと言われていました。数年前にそんなことを言う人は私の記憶では誰もいませんでしたが、研究が進めばさまざまな食品でぶり返しは起こります。

 

そういったことを考えると、占いではないですが、自分の好きな食べ物にたまたま健康にいい情報があれば、それを信じて食べればいい反面、健康に悪い情報がついても、それを織り込み済みで「好きだから」の一色で食べればいいのです。もちろん止めてもかまいませんが、すべては自分の死生観における納得感が大事なだけです。

 

安月給でも夢や希望があるならそこにとどまるべきですし、高給でも不満があるなら辞めればいいのです。言い方を変えれば、心の健康も重視して、総合的に考えてどうなのかということ。私の経験では、往々に、物理的なことより精神的な中身を重視する方が後悔は少ないと思います。

 

先日紹介した投資本、「ほったらかし投資」という本に、著者の一人・山崎元さんが一括投資をすすめる件(くだり)があります。世間ではドルコスト平均法を用いて積立投資をすることが勧めらますが、山崎さんはまとまったお金があるなら即座に一括投資をする方が合理的と言われます。もう少しかみ砕きます。

 

手元に100万円があったとして、それをインデックスファンドに投資するとき、他の専門家は3回や5回、もっと多ければ10回に分けて分散的に投資をすることを勧めます。しかし将来の基準価額の動向がわからないなら、即座に一括投資をするほうが合理的というのです。将来の動向がわかるなら、基準価額が低いときを狙って一括投資をすればいいですが、わからないのがふつう、そうであるなら、遊ばせる資金が機会損失になる可能性を鑑み、すぐに100万円の全額を投資すべきという論です。

 

あなたはどう思われますか?

 

私はそれでも分散的に複数回に分けて投資をします。山崎さんがどういわれようと、一括に投じたタイミングがたまたま基準価額が高いときに当たる可能性がある以上、リスクを分散させるべく、小分けに投資をするのが無難と考えます。

 

ほんの一例ですが、専門家によってさまざまな事柄に言い分が違うのが常。誰がどうというのではなく、自分にとって納得のいく方法であれば、良し悪しに限らずそれでいいと思います。一番よくないのは納得がいっていないのに決断・実行してしまうことです。結婚もしかり、投資もしかり、何かの契約もしかりです。

 

人は人、自分は自分で「納得感」だけを頼りに判断・決断すれば、きっと後悔はないはず。だからといって安易な判断は禁物で、きちんと情報収集と取捨選択があることが条件です。

 

雑多な情報に「納得感」

 

あなたはいかがお感じになりますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「真横に置く」ということ

私は食生活の習慣に、緑茶を飲むことやえごま油を摂取すること、そして糖質を制限すること等をしています。また健康習慣として筋トレやジョギング、階段の上り下りなどを常習化しています。これらは毎日のこともあったり週に1,2回のものもありますが、イメージはすべて「常に真横に置いている」という感覚をもっています。

 

さて、本日の主題は「真横に置くこと」です。

 

習慣とはすなわち、常に対象を自分の真横に置くことと私は定義します。私は筋トレの中でも腹筋やスクワットを重視していますが、週に1回はそれらを行わないと、真横に置いているとはいえず、どんどん自分から遠ざかるイメージがもたげます。だから自分の真横に引き寄せるべく、最低でも週に1回は行い、真横に置いている感を実感させます。

 

いわずもがな、私たちは「今」しか生きられません。習慣化と言われますが、毎回(毎度)、意識して自分と対象を同化させることが習慣を意味するものであり、もはや生きる意味を指すと言っても過言ではありません。

 

私はときどき疲れたときに有給休暇を使って休むときがあります。そのときにふと思うことが、病気やケガで休みを余儀なくさせられるより、自分の楽しい予定のために有給を取るほうが何倍も得ということです。当たり前の話ですが、それほど心と肉体の健康が大事ということで、だから私は健康の取り組みを毎日自分の真横に置いているわけです。

 

真横に置くとは、対象を横に抱きかかえるイメージで、いつも自分とそれとは一緒の感覚をもちます。生きるツレのようなもので、毎回意識して対象と同化することが意味を遂行することになります。目標も同様です。

 

はるか向こうに目標があるのではなく、目標は自分の真横に置くこと。それは目標達成を意識して毎日を生きることを意味させ、おのずと今日にやることが制御されます。つまり自分と目標を離してはいけなく、むしろ同化させないといけないということ。無論、目標は一つに絞る必要はなく。さまざまなジャンルにあっていいのです。

 

毎日真横にツレ(習慣)を引き連れ、目標を引き連れ、同化しながら一歩を歩む。このスタイルこそ安定感と一体感が合わさり、迷うことなく今日を捉えられます。そして現実に辛いことがあっても、ツレ(習慣)や目標が逆に自分を救います。真横に置いて育てたからこそ、今度は励ましてくれる頼もしい存在に成り代わるのです。

 

何の根拠もなく自分を救ってくれる存在は、信仰心の有無により変わります。神だったり仏だったり、はたまた宇宙という存在。しかし無宗教・無信仰の人は、なかなかそういった類にピンときません。だから真横に置く習慣こそがそれに成り代わります。習慣というと、無意識にできるようになるといった効果が言われますが、私は無意識もいいですが、毎回意識して可愛がるつもりで行うことを推奨します。

 

「いつも自分にはこいつがいる」

そういった感覚で対象(習慣)を擬人化しながら育みます。ペットのような存在といってもいいかもしれませんが、天気に左右されず、状況に左右されず、季節に左右されない、365日常に自分と一緒にいる存在。そんな感覚が本当に自分を自分たらしめてくれます。人は弱い生き物で、人間関係に落ち込み、成果に落ち込み、体調(コンプレックス)に落ち込むこと茶飯事です。どうかそんなときでも真横に置いた対象と同化してください。そうすればあなたも実感できます。

 

「自分は自分でしかない」

そんな達観めいた感覚が味わえます。人間関係と自分は別物で、成果と自分は別物、体調(コンプレックス)と自分は別物であると、真横に置いた対象との同化がそれをわからせてくれます。結局自分を自分足らしめるのは、真横に置いた数々の対象のみで、その同化や一体感はイメージだけでも完結します。

 

別に汗をかかずとも、努力をしなくても、座禅を組みながら深呼吸をしながらイメージと同化するだけでいいのです。神や仏のほうがリラックスできるなら、それでもかまいません。ときに社会と切り離し、自分を構成する絶対的な存在に身を寄せることが、今の雑多な時代を雄々しく生きる秘訣に思います。

 

対象を「真横に置く」ということ

 

あなたはいかがお感じになりますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

収支における「パーキンソンの法則」

時間活用が書かれた実用書の中には、ときどき掲題の「パーキンソンの法則」が紹介されています。あなたも一度はお耳にされたことがあるかもしれません。内容は「人は作業に与えられた時間枠を使い切る傾向にある」というものです。いっけん「?」と思われたかもしれませんが、具体的にはこういうことです。

 

「この資料を今日中に作ってくれ」と上司に頼まれたなら、午前中に済ませる人は少なく、終業までに仕上げる人が多数になるということ。しかし「この資料を午前中に作ってくれ」と頼まれたら、先ほど終業までかかった人も午前中に仕上げることができる人多数になるということです。

 

つまり人は与えられた時間枠を使い切ろうとする傾向があるということ。少数や多数という言葉を使ったのは、無論、全員に当てはまるわけではないからです。世の中には前倒しを習慣にしている人もいますし、状況によって仕上げる時間が変わる人もいます。しかしこの「パーキンソンの法則」は本当に人の易きに流れる性質を見事に言い表していると思います。

 

私事ですが、私も早く帰宅したときは、「今日は1時間早く就寝しよう」と思います。しかしそれが見事なまでにできないのです。なんだかんだでいつもの時間(私は夜の12時ごろ)まで何かをしてしまうのです。早く起きたときもそうです。1時間早く起きれば、1時間は何か生産的なことをしようと思いますが、特に何もできなく、いつもの時間になりようやく何かのエンジンがかかります。

 

人の習慣は外部から強制的に縛られないと、いつもの癖が支配します。ちょっとした意識の切り替え程度では、この癖は治せません。翌日に特に予定がなければ夜や翌朝をダラダラと過ごしてしまいます。さて、本日はこの時間活用における「パーキンソンの法則」は、家計の収支にも当てはまるという内容でお届けします。

 

時間が、与えられた枠をめいっぱい使おうとするなら、出費も同様です。月給の手取りが20万円で、必要経費が15万円の人なら、残りの5万円は基本、めいっぱい使われます。必要経費は家賃や日用品、通信費などのぜったいに払わないといけない出費を指します。

 

だから「天引き貯金」です。外部から強制的に引き抜かないと、人は、あればどうしても使ってしまいます。よく「貯金をしている人は意志が強い」と思われがちですが、はたして疑問は残ります。意志が弱くても環境の力を借りて、成している人のほうが多いと思うからです。

 

先天的に、または親の教育等で、よほど自制心が強い人でない限り、「人は易きに流れる生き物」を前提に環境設定を考えないと、あらゆる実行に支障が起きるのが実際だと思います。

 

頭のいい人は、いつも「実際」ベースで考えます。自制心を育もうとするのではなく、環境をどう自分に利用活用させるかを考えることが大事です。家計の収支においては、やはり王道の天引き貯金が、貯めるに有効です。具体的には自動で外部の(すぐに引き出せない)口座に移行されるしくみを設定するということ。それには、私は投資信託の「毎月積立」をお勧めします。

 

また人の幸福を考えたとき、「制約の中に知恵が生まれる」という言葉があるように、天引き貯金(投資)をしようと、知恵が幸福を創り出します。数万円がないならないで、ないなりに幸福を見つけ出そうとするのが人間です。そこで副業なんかをすれば、副業で天引き分やそれ以上を生み出せるかもしれません。別に副業をしなくても、スポーツや勉強、映画鑑賞等で心を豊かにするのもけっこうです。

 

極めつけは、天引きに回した数万円を仮に回さなかったとして、本当に活きた使い道ができていますか(できましたか)?ということ。貯金ができない人の大半は、なんとなく使って何らかの自己投資に成り得ていない人が多いように思います。だったらせめて貯金に回して未来の可能性を大きくしてみては?と私は思います。

 

ただしその時の年齢や状況でしかできないことがあるのもまた事実。それを「機会」というなら、機会損失は避けなければならず、そのときは待ってましたとばかりに楽しく使ってください。ここでは具体例は言いませんが、人生の思い出という観点で、こちらも本当に重要なことです。

 

収支における「パーキンソンの法則

 

あなたはいかがお感じになりますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。