心の戦士!~心が前向きになる言葉~

どんなときでも心を晴れやかに!→ 心の戦士いざ参上!

自己投資をしなかった人の末路

「自己投資」とは、未来に対しての自分作りを今日にすることを言います。今日以外に人生はなく、今日やらなければ明日もやれない可能性大であることはあなたもご存知だと思います。

さて「時(とき)の人」という言葉がありますが、かつて20年以上前から自己啓発作家として有名で、それこそ「時(とき)の人」と思われていた方が何名かいらっしゃいます。しかし現在も自己啓発作家または別の肩書で活躍されている人が何人いらっしゃるでしょうか。

 

私は20年以上前から自己啓発本を読んできました。むしろ最近の自己啓発本はあまり詳しくなく、昔の本のほうがだんぜん詳しいです。そして話を戻すと、20年以上前から自己啓発本を職業作家として世に送り出していた人で、今も活躍している人は、おそらく私が知る限り5人もいるかどうかです。(あくまで"活躍"ベースです)

 

それほど自己啓発作家として5年も10年も人気を維持するというのはたいへんなことで、なぜたいへんかというと、自己啓発自体がふわふわしているからです。結果に直結せず、あくまで精神論の域を出ないからです。だから、どこかでお客や読者に見限られ、新規のお客を開拓するも、また見限られるの連続になってしまいます。

 

また自己啓発本を書くことを職業にするというのは、現状の自分が考える知識や知恵を吐き出す作業で、吐き出す作業に追われている限り、自己投資ができないことを意味します。それでもがんばって何かしらの経験や体験を追従させますが、すぐに本に吐き出してしまうため、ラットレースのごとく、どこかでネタ切れが来ます。

 

また「経験や体験を追従させる」と言いましたが、そんな短期間の経験や体験など、知恵に昇華できるものではありません。つまり安っぽいそれになってしまうということ。それでいて本を出すたびに、ふつうは逆比例で人気は微減します。なぜならふわふわして核心を得ない業界だからです。

 

最初は真新しく感じる自己啓発でも、同じ作家がそれを繰り返してはどうしてもあきられます。ですが職業作家ですから、手を変え品を変え似たような本を上梓せざるを得ません。しかしネタ切れは否めず失速を回避することは難しい。

 

そのようにして20年、30年もの間に、自己啓発作家は次々と消えていきました。今述べたことはすべて私の推測ですが、当たらずも遠からずだと思います。本記事のタイトル「自己投資をしなかった人の末路」は、今ある知識や知恵を吐き出すばかりで、未来への投資を同時にしなかった人は、必ず進路をに迷う時期を迎えることを申し上げています。

 

私は保険会社のコールセンターの管理職をする者ですが、10年前から共にするメンバーを見ても、新しいことを勉強する人としない人とに真っ二つに分かれます。もちろん活躍の幅を広げられるのは前者で、後者は正直パッとせず、ときにお荷物扱いされています。

 

食事や運動の管理も同様で、病気になって初めて気付くようでは遅すぎます。なぜなら病気になってからの努力は、予防の努力の半分以下の効果しか期待できないからです。AGA治療で有名な薄毛なんかが顕著でしょう。薄毛になってからの努力と予防の努力とで、どちらが努力対効果が大きいかは一目瞭然です。

 

今すぐに結果が出なくても、未来のマイナスを回避しているのだと、そして未来の伸びしろを作っているのだと、信じることが大切です。信じなけれが今日に実行はできません。すべては信じることから始まります。そしてできたら今日の実行そのものに楽しさを見つけるのです。工夫や改善で楽しさを見い出すのです。

 

自己投資をしなかった人の末路

 

それは努力対効果の少ない状態に強制的に置かれてしまうこと。まさに下りエスカレーターに乗ったよう。ならば自己投資とは下りエスカレーターを登るようなものかもしれません。毎日大変ですが、できる範囲でともにがんばりましょう!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクティブファンドの重要性

先日私はYouTubeの動画で、ハーバード大卒の人気お笑い芸人・パックンが書かれた「パックン式 お金の育て方」の要約を拝聴しました。あくまで要約ですから詳細はわかりません。しかし主要な内容がわかればいいので、聞き流していたところ、やはりここでも投資信託のインデックスファンドをお勧めされていました。

 

パックンは幼少の頃の貧乏育ちから節約の大切さを知り、節約して貯めたお金を昨今流行りのS&P500の指数と連動させるインデックスファンドに投資してきたとのこと。その間約25年?。詳しくは覚えていませんが、それくらいの時間軸を投資し続ければ、複利効果で相当に元金が膨れ上がります。その実績があるからこそ、力強く本も出されたのだと思います。私はこのことに、なんの異論もありません。

 

しかしアクティブファンドはアクティブファンドで、命を注いで投資をしている稀有な投資家もいることはいます。私はその投資家たちの強い思いも無視したくありません。なぜかというと、それらの人たちは、残念な会社に投資するお金がもったいないと、ファンダメンタルズ分析を重ねに重ね、“これだ!"と思う会社に集中投資するからです。

 

インデックスファンドがこれからも人気が出れば出るほど、正直残念な会社の株も買われることになり、そこに裁定の余地が生まれます。本来、売上や利益などのさまざまな指標から株価が適正に調整されますが、調整されるまでの期間はゆがみが生じます。そのゆがみをアクティブファンドのファンドマネージャーが、調整という名の裁定に果敢に挑み修正を施します。そこに利益が生まれ、株式投資の神髄が生まれます。つまりインデックス投資が、株式市場のゆがみを生み出すというカラクリです。

 

しかし言うは易し行うは難し。そう簡単に調整できるわけではありません。なぜなら株価というのはさまざまな要素が総合的に、複合的に絡み合って形成されるからです。一つの要素だけで突っ走るのは、投機と同様にリスクが伴います。しかしそれでもファンダメンタルズ分析と集中投資で世の中を良くしたいと思うファンドマネージャーもいらっしゃり、その代表が米投資家・ウォーレン・バフェットでしょう。

 

彼に追随すべく、例えば日本でも「おおぶねシリーズ」を運用する奥野一成さんや、スパークスグループ代表の阿部修平さんらが、集中長期投資を実践しています。私はこれらの集中長期投資をするファンドにも資金の何割かを積み立てています。彼らのスタンスや思いに共感を覚えるからです。投資哲学という言葉がありますが、投資にも哲学が必要で、その哲学に夢やロマンが生まれます。

 

彼らの集中長期投資の哲学の最たることは、「せっかく投資家から集めたお金を、将来性の乏しい無駄な企業に投資をしたくない」という熱い思いです。優位性・持続性そして将来性と、三拍子が揃った企業に投資をするからリターンがあるのだという盤石な投資理論をお持ちです。

 

インデックスファンドもいいですが、どうせ大事なお金を投資するなら、投資哲学に共感を覚える会社にも投資をする方が、節約するモチベーションや醍醐味につながるのではないでしょうか。コア・サテライト投資。コアはインデックスファンドで、サテライトはアクティブファンドで運用する方法。私はこの「コア・サテライト投資」をとてもお勧めし、投資バランスとして最適な手法だと思っています。

 

アクティブファンドの重要性

 

あなたはいかがお感じになりますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

「自己投資」が最強説

先日の記事「機会費用を考える」で、私は経済評論家の山崎元さんと実業家の堀江貴文さんが書かれた「決定版 お金の増やし方&稼ぎ方」を読んだと書きました。そこには金融投資のポイントや節税、自己投資の重要性などさまざまな内容が項ごとに分かれていましたが、印象として、山崎さんは金融投資、堀江さんは自己投資の観点だったように思います。

 

そして本日は堀江さんが言われる自己投資の重要性を考えたいと思います。結論から言うと、一番望ましいお金の増やし方は、仕事で稼ぎを追求し、稼いだうちの何割かを投資信託のインデックスファンドに投資するというスタイルです。

 

山崎さんはドルコスト平均法を用いた積立投資は勧められていませんが、一般的には積立投資は有用と言われます。そこで積立投資をしていくことを前提に考えると、いかにその積立額を増やせるかが資産構築の肝になり、積立額を増やすためには稼ぎを増やさないといけません。だから自己投資なのです。

 

また守りの姿勢も大事で、前回の「防御力」の記事に通じますが、浪費を防ぐだけでも、貯金は勝手になされます。浪費を防ぐことは防御です。ではどうしたら防御できるのか? それが「提供」への没頭です。

 

このブログもあなたに提供するために書いています。メルカリなどの物販に勤しむのも提供なら、漫画を作るのも提供です。自分一人に見せる提供もいいですが、誰かの役に立つ提供なら、仕事として収入が入るかもしれません。アルバイトの時給で働くのも提供です。

 

しかしアルバイトで没頭したり、没頭までいかなくても楽しむ境地になるのは難しいです。ですからお金にならなくても好きなことに邁進することが、少なくとも浪費を防ぐ防御になります。

 

数年前からNISAがどうとか、iDeCoがどうとか、さまざまな(自称「お金の専門家」)がメディアに出てきていますが、正直耳を貸すに値しない情報ばかりです。なぜなら投資のセオリーなど決まっているからです。一応申し上げておくと、コア・サテライト投資(運用)といい、コアの部分をインデックスファンド(世界株がお勧め)に積立投資をし、サテライトの部分をアクティブファンドに積立投資をすればもう完成です。あとはファンド選びになりますが、それはここでは割愛します。

 

本当にそれだけです。それを個別株にどうとか、チャートがどうとか、まったく努力対効果が薄いことに時間を割き、自己投資に時間を割けない人がどれだけ多いことか…。結局長距離マラソンを制する人は、自己投資を膨らませ、社会に価値として還元し、その対価を報酬で受け取ることがコア、その報酬額の何割かを金融投資や実物投資に振り分け、時間をかけてそちらも膨らませることがサテライト、この合わせ技をやっています。

 

私はただの会社員ですが、毎年年収を微増させています。それは考課査定でSランクをもらっているからです。会社員ですから本業は疎かにしてはいけなく、独立を本気で考えていないなら、まずは本業の年収を上げることが不労所得の一番の近道と考えます。

 

「自己投資」が最強説

 

経営者からフリーターまで、どんな立場にも当てはまる、「自己投資からの本業の収入アップ」。そして「収入の何割かの継続積立投資」。

 

あなたはいかがお感じになりますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

すべてに「防御力」が基本

あなたは格闘技を観戦しますでしょうか?

 

私は20年以上前からK-1を中心に、ボクシングや総合格闘技の類を観てきました。さまざまなファイターがいるなか、それぞれのタイプに戦術が要されます。その戦術が当人にマッチし、かつ相手にも奏功したときに勝利の旗が上げられます。

 

本日のタイトルは「すべてに防御が基本」です。確かに戦術が奏功しても、打たれ弱ければ一発で形成は逆転するため、防御をしつつ戦術を放つことが前提です。しかしそれでも防御が弱い人や打たれ弱い人は存在し、そのようなタイプは華々しい勝利をおさめるも、勝率は上げにくい傾向をもちます。

 

私は「防御を基本に戦術を組み立てる達人」に、元ボクサーのメイウェザーがいると思います。彼の強さを一言で聞かれたら、間違いなく「防御力」と答えます。そして連戦連勝記録は彼のスタイルが防御力を手放さなかったことが原因と私は思っています。

 

ではこの「防御力」、格闘技だけに有効でしょうか?

 

答えは「否」です。あらゆるスポーツやビジネスの現場、そして主婦業からプライベートまで、私はすべてに及ぶと考えます。なぜならストレスや失敗、想定外という現象はぜったいになくならないからです。だからメンタルの強化という自己啓発は大切になりますが、本質はそこではありません。いかにストレスや失敗、想定外を減らせるかという防御力を日頃から意識するかどうかが勝敗を分かつと言いたいのです。

 

・同じ質問をしないこと

・同じ間違いをしないこと

・聴衆からの質問を何通りも想定しておくこと

・遅刻をしないこと

・約束を守ること

・予習やシミュレーション等の準備を怠らないこと

などなど

 

すべてが防御力です。上記以外にも何百種類とあると思います。ちなみに投資も防御力が大事と言われます。コロナショックやリーマンショック等が起きても、いかに下落幅を抑えられるかがその後のパフォーマンスを決めます。例えば100万円から10%下落すれば、100万円に戻すのに10%の上昇では足りず、11%強の上昇が必要です。つまり下落すればするほど、求められる上昇率は上がるということ。これは投資対象の分析において極めて重要と言われます。

 

プライベートも遊びも同様で、リズムや集中を切らされると楽しも止まります。例えばドライブをしていて、道に迷えば楽しかった会話も止まってしまう可能性が出ます。できたら目的地にスイスイと到達する方が会話のはずみも止まらず楽しい時間が作れます。そういった勝率があるから、たまの想定外が楽しめるです。だいたいの方がそのような感じではないでしょうか。

 

運や不運、まさかの坂は誰にでも急に訪れます。だから日頃から勝算、勝率を高める工夫が必要で、それを総称に「防御力」と呼んでいます。まずは負けないこと。まずは沈まないこと。それがあって攻めの浮上です。昨年末のサッカーのワールドカップを思い出しても、PKでのゴールキーパーの防御力はたいしたものでした。

 

すべてに「防御力」が基本

 

人生はとかく攻めや華々しさ、成功の栄華に気を取られますが、地味な防御力はその何倍も大事であると、長距離マラソンをイメージして思います。

 

あなたはいかがお感じになりますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金の使い方(バランス主義)

世の中にはお金や投資にまつわる本が多数に出回っています。もちろん本だけではありません、ネット記事や動画も同じです。しかし一番大事なことは人生の幸福です。どれだけお金を増やしても、幸福につながれなければ意味はなく、本日はバランスこそが人生の幸福にベターという話をします。

 

お金を増やしても、それを使って幸福感に変えなければ意味がありません。しかしお金を増やすことそのものが幸福感につながっているのなら話は別です。しかしそのようなタイプはそう多くはないでしょう。

 

問題なのはお金を増やさずに使ってばかりいる人です。貯金0(ゼロ)といったらわかりやすいでしょうか。そのような人は「あえて使って幸福に変えている」のでしょうか、それとも「惰性的に使ってしまっている」のでしょうか。

 

前者なら私は幸福な人かもしれないと思います。しかし多数は後者のタイプでしょう。貯金ができず、できないことに慣れてしまっているのです。すると失業や病気になったときは相当にダメージが来ます。今までのツケが回ってきたとばかりにお金に追われる生活になり、思考も自由性を失います。

 

お金は使わなければ意味がないのと同時に、増やすこともしないといけないというのが私の考えです。増やすことにリスクがあるなら貯金でかまいません、いずれにしても最低限の備えは必要ということ。

 

いろいろな方が言われるように、貯金にしても投資にしても使途を明確化して、幸福や充実を味わいましょう。一方で、未来の自分のための種まきもしましょう。種を蒔かなければ実はできず、実を摘み取れません。本番のために練習をするから聴衆を感動させられるのです。自分の未来も同様で、未来のために練習をするから、本番(未来)に自分を感動させられるのです。

 

結局"今"の幸せと、未来の種まきをバランスよく運営することが人生の幸せということです。なかなか気づきにくい真実ですが、おそらく多数の人に当てはまるスタイルだと思います。

 

命は時間で、時間(機会)の損失は二度と取り戻せません。同じく未来の種まきも、未来の視点に立てば、二度と取り戻せません。お金を使う機会を損ねてもダメ、種まきを損ねてもダメ、難しいところです。

 

お金を考えるときは、今の充実と未来の充実の両方の視点を考えましょう。それさえ忘れなければ、機会損失はずっと減らせると思います。

 

お金の使い方(バランス主義

 

あなたはいかがお感じになりますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「機会費用」を考える

先日、経済評論家の山崎元さんと実業家の堀江貴文さんが書かれた「決定版 お金の増やし方&稼ぎ方」を読みました。そこに山崎さんが機会費用について触れられた項があり、"なるほどね" と思ったため紹介します。

 

機会費用について具体例から入った方がわかりやすいため、まずは具体例から。あなたが友人から飲み会に誘われたとします。ここではあらかじめ飲み会代(割り勘代)が決まっていたとして、3000円としましょう。しかしあなたはその飲み会の日時に副業のアルバイトがあらかじめ入っていました。ここでもアルバイト代はあらかじめ3000円と決まっていたとします。

 

さてあなたが飲み会に参加する際の、お金の価値はいくらでしょうか?

 

答えは6000円です。その飲み会に6000円の価値がなければ行くべきではありません。人や状況によっては、優に6000円を超える場合もありますし、未満の場合もあるでしょう。ではなぜ6000円なのか?

 

それはまず飲み会代に3000円の持ち出しが発生します。また飲み会に参加したことにより、受け取れなくなったアルバイト代の3000円も発生します。計6000円。

 

"確かに"といった感じですが、何も考えないと飲み会代の3000円の負担(持ち出し)しか考えません。しかしいたるところで、一見(いっけん)は考えないことが発生しています。例えば私は副業でアルバイトをしていますが、そのアルバイトは平日しか仕事がないもののため、本業の休日(週2日)は平日で取っています。その平日は2日間まるまるアルバイトをすることが多いです。ここまではふつうのこと。ここからが私の1ヵ月の給与の最大化戦略です。

 

本業の有給も1ヵ月に1日か2日は、必ず取っています。なぜならその有給もなるべくならアルバイトをするためです。なぜか? あえて有休をとってアルバイトをしなければ、アルバイトをしていたら得られたであろう、アルバイト代がもらえないからです。そこまでしてアルバイト代が欲しいのか?という問題ではありません。アルバイトをしないということは、有給を取らないということで、つまりは本業をしているということになります。

 

どうせ同じ"仕事"をしているなら、有休をとってアルバイトをしたほうが、実入りがよくなるというだけの話しです。しかもアルバイトなど5時間ほどで終わりますし、ひとりで電車にのって行動する仕事のため、車中はスマホや読書ができます。私にとってどちらが都合がいいかはあきらかなこと。

 

取捨選択というのは「何かを選択したら何かを捨てる」という行為のため、捨てた選択の、捨てなければ得られたであろう利益も換算して判断しなければ、きちんとした価値をもとに判断がくだせません。冒頭の飲み会の例でいえば、飲み会代に6000円を支払う価値があるのかを問わなければならないということ。

 

精神的な楽しさや憩いの時間を、いちいちお金に換算しなければならないのか!と突っ込まれそうですが、換算するかはさておき、そういう考えを要所でもっておけば、その際の判断(選択)は、けっして後悔はしないものになると思います。

 

機会費用」を考える

 

あなたはいかがお感じになりますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ストレス緩和策「長所進展法」

昭和から平成10年ごろまででしょうか、船井総研創業者の船井幸雄さんの本がよく売れていました。経営コンサルタントとして長年にわたり著名だったのと同時に、人生論やそれに類する本も何十冊と出されました。私も、少なくとも20冊以上は読んだと思います。そこで本日はいくつかの本に紹介されていた「長所進展法」について私なりにアレンジしてお話しします。

 

さて、「長所進展法」とは何でしょうか?

 

それは、経営なら「売れている商品をさらに伸ばすことで、会社の売り上げがさらに伸びる」で、人生なら「長所を伸ばすことが、成功なり成長を促す」という手法のことです。

 

船井さんは経営コンサルタントとしてさまざまな会社を立て直す中、どうしたら立て直せるかを錯誤し、最終的に「売れている商品のシェアを拡大させ、そこにアレンジや量産を加える」ことが立て直しの最短かつ王道になると行き着きました。

 

この考えは流通業界では確かに実績として織り込み済みです。素人ながら私の印象を語らせていただくと、あのネスレのロングセラー商品「キットカット」を思い浮かべてください。季節ごとに手を変え品を変えさまざまな「味」を出すことで、売れ行きを維持しています。売れない商品を改善することも大切かもしれませんが、今売れている商品をどうアレンジするかの方が、売上に最短で直結します。

 

私たちの人生も長所をいかに伸ばすかが大事で、例えば我慢強い人がいたら、その人は我慢が試される職業に就くことが幸福に近づく一歩です。スポーツ選手やアスリートがその代表格で、職業以外ではサウナ健康法や節約、糖質制限なども我慢強さが勝敗を分けます。

 

ではストレス緩和策に長所進展法は活かせるでしょうか?

 

本日の本題はここからです。まず「長所」という文字を「目的意識」に置き替えてみてください。目的意識は油断すれば失念し、気づいたら誘惑物に流されがちです。例えば朝にダイエットを誓ったとして、ほぼ確実に夜に忘れてしまいます。人と会う約束等は忘れないと思いますが、自分との約束などあってないようなもの。

 

しかし「長所(目的意識)進展法」は、そうであってはいけません。ダイエットのような手近な例はともかく、もっと大風呂敷な夢が大事です。「転職を成功させ、年収を400万円から倍の800万円にする」とか、「家族を持ち、子供を3人育てる」とか、「○○の資格を△△までに合格する」などです。そしてそれらが達成したあとの世界もカラーに描けるとなお良いです。

 

自分がコントロールできる範囲の夢や今日を真剣に考え、それらの延長線上にあるさまざまな構想が、目先のストレスを(相対的に)小さくします。ストレスの対象と向き合うのではなく、対象とは別の自分の人生と向き合うのです。その人生はさまざまなジャンルから構成されることが望ましく、趣味や教養、娯楽や遊びまで多岐にわたり構成に含めてください。

 

経営コンサルに当たる「長所進展法」は、短所に目は向けず、長所を伸ばすことで短所を小さくします。エネルギーのはけ先を長所にするのです。これは非常に大事なことで、短所と長所に分散していたところを、長所だけに集中させ、長所の中で新たに分散させるといった形です。

 

私たちの生命エネルギーもしかり。ストレスの対象には目を向けず、長所に代替する夢に注ぎましょう。夢から舞い降りる今日に注ぎましょう。まずは意識からで、その後は行動に行動です、気づいたらストレスの対象は意識にのぼらないくらい小さなものになるはず。

 

私はいつも自分のコントロールできる範囲に目を向けます。あまりニュースや雑多な記事は読まず、テレビも観ず、YouTubeも最低限です。それは自分の時間が奪われるだけでなく、結局ストレスの対象が相対的に小さくならない過ごし方だからです。

 

ストレス緩和策「長所進展法」

 

長所(目的)に目を向け行動をし、ストレスの対象を相対的に小さくする手法。

 

あなたはいかがお感じになりますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。