心の戦士!~心が前向きになる言葉~

どんなときでも心を晴れやかに!→ 心の戦士いざ参上!

永守流「プラス発想」の原点

ときどき「人生は最終的にプラスマイナス0になる」と言われる人がいます。「悪いことがあっても、その分だけいいこともあるから気にするな」と励ましたり、「いいことばかりは続かないから気を引き締め油断するな」と注意をするときもあります。 この考えは…

本当の「自立」とは?

「自立」とは何でしょうか? 辞書を調べずざっくりいうと「自分の足で立つこと」とか、「自分のことは自分でやれること」といったニュアンスを浮かべます。ミニマリスト・しぶさんの著書「手ぶらで生きる」で、しぶさんは「自立」を次のように紹介しています…

「武尊VS天心」戦とタイプ別強さ

3日前、the・MATCHにて、世紀の一戦が行われました。あなたもご存じ「武尊VS天心」戦です。格闘技をそれなりに知っている人なら、どちらかの名前はご存じだと思います。この両者が相まみえる一戦は7年前くらいから待望されていたとのこと、ABEMAのPPVが50万人…

円安と投資

円安で日本の不動産市場はどうなっているでしょうか? 結論から言うと円安・円高に関係なく、イールドギャップが2%以上取れれば、投資対象というのが私の考えです。イールドギャップとは、賃貸利回りから投資用ローン利回りを引いた差額の利回りのことで、こ…

カルマの解消=ストレス解消

「カルマ」と聞くと、何やら宗教臭いですが、本日はこのカルマを信じることの推奨をさせていただきます。輪廻転生とか生まれ変わりなど、宗教では当たり前のように語られますが、ときにこのような教えをつまみ食いのように拝借してもいいのではないでしょう…

成功の要諦

どんなジャンルも、成功の要諦は決まっているのではないでしょうか。それは「定石を継続する」です。 定石(じょうせき)とは、将棋でよく使われる言葉で王道とか最善の手法をいいます。この定石について、最近のトレンドで一番適すると思うことが、積立投資…

ディープランニングと行動力

人工知能AIの手法に「ディープランニング」があります。多量のデータを読みこませ、その量をもとに数式や理論を作成するというもの。実業家の堀江貴文さんは橋下徹さんとの共著「生き方革命」で、このディープランニングと脳の回路の組み換えを、行動力に紐…

「目線」を上げる技術

経済学にはミクロ経済とマクロ経済があります。どちらが難しいかと言えば、断然マクロ経済というのが通説です。ミクロの行動が、マクロにどう影響を及ぼすかは、さまざまな角度の計算と非合理な可能性、また膨大な統計が必要です。 さて本日は「目線を上げる…

ウィルパワーと目的の明確化

ウィルパワーは、日本語で「意志決定力」とか「意志力」と訳され、注意力や感情を要するパワーのことを指します。1日のウィルパワーは有限と言われ、服装や持ち物など、自分にとってどうでもいいことはなるべくルーティーン化し、そこにウィルパワーを削がな…

ある種の成功者とオカルト

ある業界で成功した人物の中には、やたらオカルトを好む人がいらっしゃいます。例えば「"ありがとう"という言葉を何度もつぶやくと、自分にいいことが降りかかってくる」など、あなたも一つや二つは聞いたことがあると思います。 しかしそれらの情報を何度浴…

筋トレより「ランニング」

私は休みの日に、筋トレとランニングを両方行(おこな)います。どちらも大切だと思っているからで、それぞれ効能も違います。しかしどちらかを取れと言われたら、私は「ランニング」を取ります。現在私が本業も副業に精を出せるのは、まちがいなく体力があ…

「評論家」について

世の中に「〇〇評論家」と名乗っている人は多数にいます。最近では円安・インフレ傾向にちなみ、経済評論家がさまざまな発信、つぶやきをしています。しかし私はいつも思います。 「評論家の言い分がどれだけ正しくても、世の中は変わらない」 国や政治がど…

人生を"短く"しなくて済む方法

先日、ビジネス系ユーチューバー・サタラメさんの動画を視聴しました。本の要約が内容ですが、本のタイトルはセネカ著「人生の短さについて」でした。セネカといえば、古代ローマの哲学者として有名で、同書は名著中の名著として現代にまで受け継がれていま…

「FIRE」について                                                                                                                                              「FIRE」について                                                    

最近は書店に行っても、本を要約(解説)する動画でも、あいかわらず「FIRE」の人気が途絶えていないように感じます。「FIRE」にも4種類?あるとかで、先日はある動画でそのうちの一つ、「サイドFIRE」について語られていました。 「FIRE」とは、簡単に言え…

人生で一番「難しい」こと

あなたは人生で一番難しいことと聞かれて何と答えますか? 私は「人を許すこと」と答えます。 アドラー心理学では悩みはすべて人間関係が招いていると言い、解決策として「嫌われる勇気」を推奨しています。詳細は細々(こまごま)とありますが、ざっくり言…

何もしないという「行動」

先日、私は「ミニマリストしぶ」さんの著書を読みました。私の今年のテーマは「自分の部屋の中の断捨離」です。よって少しずつですが部屋の中身をシンプルにしていますが、そのモチベーションを改めて得ようと同書を読みました。 そこには冒頭「アップルの創…

「運」のつかみ方

イギリスの心理学者 リチャード・ワイズマン博士は十年以上かけて運のいい人の法則を幾多の実験と分析で明らかにしました。角川文庫から発行されている「運のいい人の法則」には端的に次の条件でまとめられています。 チャンスを最大限に広げる 虫の知らせを…

「逆張り投資」の罠

株式投資でいえば、株価が上がっている最中に、さらなる値上がりを期待して投資することを「順張り」といい、その逆を「逆張り」といいます。「逆張り」は株価が下がっているところを、大衆心理とは逆さまに購入していきます。そこには「勇気」が必要と思わ…

「お金持ち本」の唯一の活用法

俗に言う「お金持ち本」をあなたは読んだことがありますか?一番有名なところでは「金持ち父さん・貧乏父さん」シリーズだと思います。書店に行けば所狭しと多数のそれらしき本が置いてあります。しかしそれらのどの本を読んでも、おそらくお金持ちにはなれ…

「99の失敗」の意味

先日ご紹介した、ウィッグ業界の大手「スヴェンソン」という会社の創業者(児玉圭司さん)は、著書で次のように言われます。 「人が何かをやろうとすると、99%は失敗する」 これは体感から出た言葉のようで、数字だけ見ればユニクロの「1勝9敗」を上回りま…

集中力=「揺らぎ」

本日は「集中力」についてです。 私たちは何事もリラックスし、全体と目の前とが同時にリンクするような、すべてが一体化した感覚をもちたいと考えます。そのような研ぎ澄まされた状態を私は「集中」と呼びます。 ではどうしたらそんなリラックスをし、なお…

何事も見かけほど良くも悪くもない

先日読んだモーガン・ハウセル著「サイコロジー・オブ・マネー」という本に、表題の言葉が載っていました。「過度に成功者を羨んでも的外れであり、過度に不成功者を蔑んでも、的外れなことが多い」ということ。これは私たちも、言われなくてもなんとなくわ…

「人生は〇〇と▢▢でできている」

頭につけるウィッグ業界の大手にスヴェンソンという会社があります。その創業者で元代表の児玉 圭司さんが著書「1日1話 自分を強くする 成功の教科書 365」で表題の言葉を述べています。〇〇と▢▢には何が当てはまるでしょうか。 児玉さんは言われます。 「人…

お勧めの「ストレス解消法」

お勧めのストレス解消法は「他の人の我慢・辛抱・忍耐と今の自分の現状を重ね、同時に自分の世界観に思考の視点を切り替えること」です。 ストレスの真っただ中に陥る人の特徴は、世界観が自分のそれだけに埋没してしまっています。もう自分の世界だけしか見…

41歳「私の健康診断の結果」

少し前に受けた健康診断の結果表が、つい2日前に私の手元に届きました。結果はどうだったでしょう? 「血糖値」だけが「2」の評価で、あとはオール「1」でした。評価の「1」は正常範囲、「2」は軽度異常、「4」は要精密検査、「5」は治療開始、「6」は治療中…

「資産構築」の要諦

資産構築の要諦は、徹底的な節約・倹約です。これは、どの専門家も言っていることで、非常に重要な資質です。しかし話を進める前に重要なことを抑えます。それは「そもそも資産構築は必要なのか?」ということです。 必ずしも資産構築は必要とはいえません。…

「ワンルーム」3戸目を購入

先日の「お客様評価の基準」でも書きましたが、私は3月末に3戸目のワンルームを購入しました。昨年は一戸も購入できなかったため1年越しの購入です。 さて、本日は不動産投資の中で、ワンルーム投資とはなんぞや?を見ていきます。 不動産投資の中でも木造ア…

「投資」の肝(きも)

本日は「投資の肝(きも)」についてです。 結論、肝は以下の2点。 下落(暴落)時に解約しない 下落(暴落)時のための現金の確保 この2点は大江英樹さんの著書「あなたが投資で儲からない理由」で強調されていることです。私も10年前から投資をしています…

「保険」の再考

私は2年前くらいだと思いますが、記事の文中にマイホームも悪くないという話をしました。金融本のバイブルとして20年以上も君臨する「金持ち父さん・貧乏父さん」シリーズは、住宅ローンを負債と位置づけています。その反面、不動産投資における投資用ローン…

「お客様対応」の評価基準

「お客様対応」の評価基準、 難しい表現を使いましたが、つまるところ接客業の心得です。最近私はワンルームマンションの購入のため、2つの業者の担当者とやりとりをしました。面白いことに、この両者の担当者が正反対に近い対応だったのです。 仮にA業者の…